銀行で火災保険に加入するよりもお得に加入する方法

銀行で火災保険に加入するよりもお得に加入する方法

住宅を購入するときに、ほとんどの方が住宅ローンを利用して購入するかと思います。

そして、住宅ローンと一緒に加入手続きを行うことが多い「火災保険」ですが、実は銀行以外で加入してもいいのです。

銀行で勧められるがまま火災保険に加入してしまうと、火災保険料が高くなることもあります。

ここでは、銀行以外で火災保険に加入して火災保険料を抑える方法をお伝えします。

知らなきゃ損!
一括見積もりサイトの活用でお得な火災保険を選択

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!
火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を無料で作成。

そのため届いた見積書を比較するだけで
お得な火災保険が簡単に見つかります!

住宅ローンを組んだ銀行で火災保険に加入しなくてもいい理由

意外と火災保険は住宅ローンを組んだ金融機関でないと加入できない、と考えている方が多くいるようです。

とくに住宅ローンを組んだ金融機関から火災保険に加入しなくてはならないなどといったルールは存在しません。

そして、融資を受けるに当たってその金融機関から火災保険に加入しなかったからといって、あなたが不利益を受けるという事もないので安心してください。

実は、融資の条件として火災保険への加入を勧める様な事は禁止されています。

何故ならこれは抱き合わせ販売といって、保険業法によって禁止されている手法だからです。

銀行のホームページにも、「火災保険へのお申し込みはあくまでお客様の意思決定によるものです」や「お客様がお申し込みをされなくても、他の銀行取引には一切影響がありません」などといった記載がされているので確認しておくといいでしょう。

銀行で火災保険に加入する流れは質権設定の名残が原因

なぜ銀行で火災保険を加入するようになったのかと言うと、住宅ローンの対象である物件が火災などで無くなってしまった時、債権保全で優先して保険金を受け取るためです。

しかし近年、質権設定してもあまり債権保全に繋がっていないという事もあり、現在ではほとんどの金融機関は質権設定を行っていません。

ですから、金融機関で火災保険に加入した方が良いという理由もありませんし、しなければいけない理由も無いのです。

まとめ

銀行で扱っている火災保険は、1社専属の商品が多いので他社と比較して最適な火災保険を選ぶことができません。

そのため銀行経由で火災保険を契約してしまうと、同じ補償内容で他社の火災保険が安かったというケースが出てくる恐れもあるのです。

銀行で勧められた火災保険は、いったん持ち帰り保留にして、必ず他社の火災保険も見積書を作成して比較するようにしましょう。

あとは同じ補償内容のもので、火災保険料が一番安いところに見つけることで、一番お得な火災保険に加入することができます。

火災保険一括見積もりを利用することで、簡単に複数の火災保険から見積書の作成依頼ができるので、手間暇かけずに見積書を依頼したい人にオススメです。

© 2021 火災保険ガイド