火災保険で土砂災害(土砂崩れ)による被害は補償されるのか?

火災保険で土砂災害(土砂崩れ)による被害は補償されるのか?

台風や集中豪雨が長く続くことで、山などの地盤が緩くなり『土砂災害(土砂崩れ)』を引き起こすことがあります。

土砂災害によって、建物や家財に損害が生じてしまった場合、火災保険で補償してもらうことは可能なのか。

ここでは、土砂災害に対する火災保険の補償についてお伝えします。

筆者の経験値

元保険代理店勤務の田中肇(はじめ)

火災保険料はどれだけ抑えられるの?

火災保険料の比較はこちら

見積書を比較して最安値をチェック!

土砂災害による被害は火災保険で補償される

土砂災害による被害で建物や家財に損害が起きた場合、火災保険に加入していれば損害保険金が支払われます。

補償される範囲や支払われる損害保険金については、加入している火災保険によって条件などが異なるので、保険会社に連絡して確認をとるようにしておきましょう。

ほとんどのケースでは、土砂崩れを引き起こす原因が、大雨や集中豪雨によるものが多いです。

そのため、集中豪雨による土砂災害の被害に遭遇した場合、水災補償が火災保険にセットされていれば、損害保険金が支払われます。

しかし中には、火災保険を契約するときに、保険料を安く抑えるため補償内容を限定して加入している人もいます。

そういった人は、水災補償が含まれているか確認が必要となります。
もし含まれていない場合は、保険金が支払われないので注意が必要です。

土砂災害を受けるリスクがある住宅は、『水災補償』を含めた火災保険の見積書を作成して、保険料を比較しながら検討するようにしましょう。

火災保険料はどれだけ抑えられるの?

火災保険料の比較はこちら

見積書を比較して最安値をチェック!

水災の補償内容は保険会社ごとに違う

水災補償も火災保険によって保険金が支払われる条件が異なります。

土砂災害による被害がある一定以上でないと対象にならなかったり、全補償ではなく一部は自己負担するといった内容のものもあるので、そのあたりもきちんと把握しておくといいでしょう。

さらに注意が必要なのが、地震による土砂災害は、火災保険では補償されないため、地震保険に加入する必要があります。

土砂災害の被害が及ぶ地域に住宅を構えている方は、地震保険も必ずセットするようにしておくと安心です。

火災保険料はどれだけ抑えられるの?

火災保険料の比較はこちら

見積書を比較して最安値をチェック!

土砂災害は年間平均で1,000件も発生

国土交通省」によると、過去10年の間に起きた土砂災害(崖崩れ・地滑り・土石流)のデータ分析を行ったところ、年間平均で約1,000件も発生しているのです。

土砂災害は年間平均で1,000件も発生

出典:価格.com 保険

土砂災害が発生する地域も、全国に分布しているので、この地域では絶対に起きないという確証はもてません。

火災保険料はどれだけ抑えられるの?

火災保険料の比較はこちら

見積書を比較して最安値をチェック!

まとめ

基本的に土砂災害による損害に対しても、火災保険に対象に含まれていれば保険金が支払われます。
しかし、損害割合によって保険金の支払い条件がきまったり、ある程度の自己負担をしなければいけないケースもあるので、内容を確認しておくことが必要です。

もし、損害保険金が少なかったり、そもそも水災補償がセットされてない人は、火災保険を見直すことも検討するようにしましょう。

火災保険を長期契約で加入している人は、加入している保険会社に連絡をして水災をセットできるか確認してみてください。

また築5年以上の一戸建て住宅に住んでおり、火災保険に加入している人は、すでに自然災害の被害を受け損害があることもあります。

その場合、保険金を貰いそびれている可能性があります。

きちんと家を調査することで、火災保険金を受け取れるか判断することも可能です。

もしご自身で判断することが難しい場合は、プロの方にお願いすることができます。
調査は無料で行ってくれるので、気になる方は一度相談してみるといいでしょう。

当サイトで好評の火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、火災保険の取扱が10社以上あることを条件に厳選

1つのサービスで複数の火災保険による見積書を作成するので、補償範囲や特約、保険料など比較ができるため、あなたの条件に合った火災保険が見つけやすくなります。

各火災保険一括見積もりサービスでは、保険のプロがあなたの条件を基に見積書を作成

担当者によって見積書の提案内容が異なるため、複数の火災保険一括見積もりサービスから依頼すると、各火災保険の知見が広がるのでオススメです。

また火災保険は、住宅ローン会社や銀行で勧められたものに加入するよりも、自分で見積書を取り寄せて検討すると、補償内容や保険料の安さで後悔するリスクを大幅に軽減できます。

当サイトでオススメする火災保険一括見積もりサービスは、実際に利用した上で強引な勧誘もなく、丁寧なサポートが受けられるところだけ掲載。

見積書の作成依頼だけしたい人も、もちろん利用可能です!

住宅本舗【累計利用者65,000人突破!】

プロが作成した見積書で約20万円節約!
利用者累計65,000人突破の「住宅本舗」

「住宅本舗」の火災保険一括見積もりサービスは、最大16社(40商品)の火災保険から保険のプロが厳選して、あなた専用の見積書を作成。

住宅本舗は大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、見直しを検討している人に向いているサービスです。

取扱保険会社数 16社(40商品):
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:

火災保険の窓口【対応スピード満足度90%以上!】

当日見積もりが可能!
契約件数25,000件の実績を持つプロ視点の提案が受けられる

火災保険の窓口では、大手火災保険会社を含めた19商品から最適な火災保険を選別して見積書を作成。
12時までの見積書依頼で当日対応が可能です。

とにかく急ぎで見積書を作成していほしい人にオススメ!

取扱保険会社数 -(19商品):
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード とても速い:

保険スクエアbang! 火災保険【グループ累計契約件数120万人突破】

最大26商品から比較ができる!
保険アドバイザーが無料でムダのない補償をご提案。

保険スクエアbang! 火災保険では、自分で調べてもよくわからない内容でも保険アドバイザーが丁寧に説明してくれるのが特徴。

火災保険の基礎的なことから網羅的に把握した上で、検討したい人にオススメ!

取扱保険会社数 -(26商品):
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:

© 2021 火災保険ガイド