火災保険とは

火災保険とは、火災を含め自然災害などによる住まいの事故による損害を補償する保険です。

また火災保険が必要とされる理由の1つに、「失火責任法(しっかせきにんほう)」と呼ばれる日本の法律の存在があります。

簡単に説明すると、隣家の火事で貰い火による火災が発生しても、出火元に重大な過失がないかぎり、損害賠償を請求することができません。

つまり自分の資金で補修しなければならないのです。

これらのことから身を守るために存在するのが火災保険です。

新着記事

構造級別とは?T構造・H構造・M構造を判別する方法
建物の構造級別とは?判定方法を徹底解説

火災保険の保険料が決まる条件のひとつに「構造級別」があります。 「構造級別って何?」 「火災保険って補償内容によって保険料が決まるんじゃないの?」 初めて火災保険に契約する人にとっては「構造級別」という言葉が難しく聞こえるかもしれません。 でも安心してください。 構造級別は、3つの区分しかなく簡単に調べることができます。 今回は構造級別を初めて聞いたという人のために、分かりやすく構造級別について解説します。 また記事の中盤では、構造級別を判別するためのフローチャートも用意したので、参考にしてくださいね。 ...

火災保険の質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説
質権設定とは?火災保険に対する質権をわかりやすく解説

住宅ローンの手続きをするときに担当者から 「火災保険を質権設定してください」 と言われて説明されても、いまいち理解できずにいませんか? 住宅ローンなど金融機関からお金を借りるとき求められることがある火災保険の「質権設定」。 ここでは初めて質権設定を求められた人に、わかりやすく解説していきます。 質権とは金融機関へ金額に見合うモノを担保すること 「明鏡国語辞典」によると質権とは、 債権者が債権の担保として債務者から受け取った物を債務が弁済されるまで留意し、弁済のない場合にはその物から優先弁済を受けることを内 ...

短期で加入できる火災保険のメリットとデメリット
短期で加入できる火災保険のメリットとデメリット

一戸建て住宅やマンションなどを購入したり、賃貸物件を借りたときに必要となるのが火災保険です。 住む人の目的によって、火災保険を短期間だけ加入したい人もいるかと思います。 また、長期契約か短期契約で悩む人も多いです。 この記事では、火災保険の短期加入について紹介していきます。 火災保険を短期期間だけ加入するケース 火災保険を短期間だけ加入するケースは次のようなことが考えられます。 賃貸物件を借りる 家の取り壊し日までの繋ぎ 新しい住居へ引っ越すまで繋ぎ など 火災保険の加入期間は、1~10年までなっており、 ...

© 2021 火災保険ガイド