火災保険とは

火災保険とは、火災を含め自然災害などによる住まいの事故による損害を補償する保険です。

また火災保険が必要とされる理由の1つに、「失火責任法(しっかせきにんほう)」と呼ばれる日本の法律の存在があります。

簡単に説明すると、隣家の火事で貰い火による火災が発生しても、出火元に重大な過失がないかぎり、損害賠償を請求することができません。

つまり自分の資金で補修しなければならないのです。

これらのことから身を守るために存在するのが火災保険です。

新着記事

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準
店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

店舗を運営するにあたり、まずはじめにリスク管理が非常に重要になります。 これから初めて店舗を運営する場合や、それなりに店舗経営が軌道に乗り始めてきた際には「保険」の加入が重要となってきます。 もちろん何事も無く店舗経営していくことが出来ればそれに越したことはありません。 しかし、特定の場所に店を開いて運営をしつづける場合、隣接する店舗からのもらい火や窃盗や放火などをはじめとして、様々なリスクが発生することが考えられます。 このようなリスクは店舗経営が中長期的になればなるほど無視できない存在になっていきます ...

火災保険の質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説
質権設定とは?火災保険に対する質権をわかりやすく解説

住宅ローンの手続きをするときに担当者から 「火災保険を質権設定してください」 と言われて説明されても、いまいち理解できずにいませんか? 住宅ローンなど金融機関からお金を借りるとき求められることがある火災保険の「質権設定」。 ここでは初めて質権設定を求められた人に、わかりやすく解説していきます。 質権とは金融機関へ金額に見合うモノを担保すること 「明鏡国語辞典」によると質権とは、 債権者が債権の担保として債務者から受け取った物を債務が弁済されるまで留意し、弁済のない場合にはその物から優先弁済を受けることを内 ...

家財保険にかける保険金額の目安と相場
家財保険にかける金額の目安はいくら?

火災保険には「建物」と「家財」2つの補償に加入することができます。 その中で家財保険に関しては、ご自身で保険金額の範囲を決めることになっています。 ご自身で家財の保険金額を自由に決められるので、ご自身が納得できる設定にすることが可能です。 しかし、保険金額を高く設定すれば火災保険料も高くなります。 今回は、家財保険に掛ける金額目安についてお伝えします。 家財保険の金額を決める評価方法 家財の保険金額を決める方法として主に2つの方法があります。 まず、世帯主の年齢や家族構成で保険金額を決める「簡易評価」です ...

© 2022 火災保険ガイド