火災保険の風災・雹(ひょう)災・雪災の補償内容とは?

火災保険の風災・雹(ひょう)災・雪災の補償内容とは?

火災保険は火災に対する補償以外にも、「風災」や「雹(ひょう)災」、「雪災」を対象とした補償もあります。

この3つの補償は、基本補償として付帯されていることが多いです。

ここでは、風災・雹災・雪災の具体的な補償内容についてご紹介します。

筆者の経験値

元保険代理店勤務の田中肇(はじめ)

火災保険料はどれだけ抑えられるの?

火災保険料の比較はこちら

見積書を比較して最安値をチェック!

風災の補償内容

風災補償とは、「台風」「旋風」「竜巻」「暴風」などによって、屋根や外壁、家財に損害を受けた場合、火災保険の補償を受けることができます。

たとえば台風で飛ばされたきた看板や石などが、外壁や窓ガラスに直撃して破損したときも補償範囲に含まれます。

台風シーズンになると、飛来物による建物の損害が発生しやすくなります。
このようなときに「風災」の補償が役に立つのです。

また最近では、竜巻による被害も多くみられます。
とくに夏になると積乱雲が発達し、突如として竜巻が発生し建物を破壊していきます。

竜巻の発生件数は、気象庁の公式サイトなどで確認することができるので、台風が発生しやすいかどうか確認してみましょう。

火災保険料はどれだけ抑えられるの?

火災保険料の比較はこちら

見積書を比較して最安値をチェック!

雹災の補償内容

雹災補償とは、降雹(こうひょう)によって、建物や家財に損害を受けた場合、火災保険の補償を受けることができます。

たとえば降雹で、屋根瓦や屋根が割れたときなどに対象となります。
またベランダの床が破損してしまった場合も補償の対象です。

雹による被害も年々増えているので、一度でも雹が降った場合は検討した方がいいかもしれません。

火災保険料はどれだけ抑えられるの?

火災保険料の比較はこちら

見積書を比較して最安値をチェック!

雪災の補償内容

雪災補償とは、豪雪などによって建物や家財に損害を受けた場合、火災保険の補償を受けることができます。

たとえば屋根に雪が積もり、その重みで屋根が破損した場合。
また屋根の損傷で雪が室内に入り、家財が壊れてしまった場合などに補償されます。

さらに給湯器など外に置いてある機器に関しても、屋根から雪が落下して給湯器がつぶれてしまった場合も補償されるのです。

近年では、大雪による事故が多く発生しています。
あまり雪が積もらない地域でも、急に大雪が降って大きな損害を受けてしまうケースも増えています。

雪による損害も意外と大きいので、リスクに備えて付帯するかどうかしっかりと検討しましょう。

火災保険料はどれだけ抑えられるの?

火災保険料の比較はこちら

見積書を比較して最安値をチェック!

風災・雹(ひょう)災・雪災の注意点

火災保険に風災や雹災、雪災が含まれているのであれば、該当する内容の被害に対しきちんと保険金を支払ってもらうことが可能です。

注意点としては、免責金額が設定されていることがあり、一定の額以下の被害に関しては自己負担となることがあります。

どの保険会社の火災保険を選ぶかによって、免責金額の設定は異なるのでチェックしておきましょう。

風災や雹災、雪災などを外すことができる商品も存在しているのでよく検討しましょう。

火災保険料はどれだけ抑えられるの?

火災保険料の比較はこちら

見積書を比較して最安値をチェック!

まとめ

いかがでしたか?
風災・雹災・雪災による損害は意外と多く発生しています。

建物の修繕費用は高額になるケースが多いので、過去に風災・雹災・雪災による被害が住んでいる地域で発生していたのであれば、なるべく備えておくと安心かもしれません。

また風災・雹災・雪災の補償は基本補償となっている保険会社が多いです。

そのため、まずは複数社から火災保険の見積書を作成してもらい、火災保険料にどの程度差が出てしまうのか比較するといいでしょう。

当サイトで好評の火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、火災保険の取扱が10社以上あることを条件に厳選

1つのサービスで複数の火災保険による見積書を作成するので、補償範囲や特約、保険料など比較ができるため、あなたの条件に合った火災保険が見つけやすくなります。

各火災保険一括見積もりサービスでは、保険のプロがあなたの条件を基に見積書を作成

担当者によって見積書の提案内容が異なるため、複数の火災保険一括見積もりサービスから依頼すると、各火災保険の知見が広がるのでオススメです。

また火災保険は、住宅ローン会社や銀行で勧められたものに加入するよりも、自分で見積書を取り寄せて検討すると、補償内容や保険料の安さで後悔するリスクを大幅に軽減できます。

当サイトでオススメする火災保険一括見積もりサービスは、実際に利用した上で強引な勧誘もなく、丁寧なサポートが受けられるところだけ掲載。

見積書の作成依頼だけしたい人も、もちろん利用可能です!

住宅本舗【累計利用者65,000人突破!】

プロが作成した見積書で約20万円節約!
利用者累計65,000人突破の「住宅本舗」

「住宅本舗」の火災保険一括見積もりサービスは、最大16社(40商品)の火災保険から保険のプロが厳選して、あなた専用の見積書を作成。

住宅本舗は大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、見直しを検討している人に向いているサービスです。

取扱保険会社数 16社(40商品):
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:

火災保険の窓口【対応スピード満足度90%以上!】

当日見積もりが可能!
契約件数25,000件の実績を持つプロ視点の提案が受けられる

火災保険の窓口では、大手火災保険会社を含めた19商品から最適な火災保険を選別して見積書を作成。
12時までの見積書依頼で当日対応が可能です。

とにかく急ぎで見積書を作成していほしい人にオススメ!

取扱保険会社数 -(19商品):
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード とても速い:

保険スクエアbang! 火災保険【グループ累計契約件数120万人突破】

最大26商品から比較ができる!
保険アドバイザーが無料でムダのない補償をご提案。

保険スクエアbang! 火災保険では、自分で調べてもよくわからない内容でも保険アドバイザーが丁寧に説明してくれるのが特徴。

火災保険の基礎的なことから網羅的に把握した上で、検討したい人にオススメ!

取扱保険会社数 -(26商品):
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:

© 2021 火災保険ガイド