火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の相場ガイド

火災保険のよくある質問

床上浸水や床下浸水の水害被害!火災保険で保険金は支払われる?

床上浸水や床下浸水の水害被害!火災保険で保険金は支払われる?

ここ数年のあいだに、ゲリラ豪雨(集中豪雨)や大雨、台風などによる水害被害が全国各地で起きる頻度が増えてきています。

とくに夏場や台風が多いシーズンなどは、浸水による被害も多く発生しています。

浸水による被害は、意外と住宅へのダメージが大きく修繕費も高額になるケースもあるのです。

浸水による被害は、火災保険の対象になるのか気になるところです。

この記事では、浸水による被害は火災保険の対象になるのかをお伝えしていきます。

知らなきゃ損!
一括見積もりサイトの活用でお得な火災保険を選択

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!
火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を無料で作成。

そのため届いた見積書を比較するだけで
お得な火災保険が簡単に見つかります!

浸水による損害は「水災」を付帯していれば補償される

浸水による水害被害は、火災保険の補償範囲に「水災」が含まれていれば、契約している火災保険会社から保険金が支払われます。

しかし、注意点が2つあります。

注意点①
床下浸水は補償対象外

浸水には、「床上浸水」と「床下浸水」があります。
そのうち、床下浸水については水災補償の対象外になっているケースが多いです。

ほとんどの火災保険では、水災補償の範囲として、保険対象に30%以上の損害がある場合や、床上浸水または45cmを超える浸水があったときに補償されるようになっています。

そのため、床下浸水によって溜まった泥の除去作業費用については、全額自己負担になるので注意しましょう。

また、国や自治体による水害被災支援なども、原則的に床下浸水による損害は対象外となっています。

このようなことから、大雨注意報や台風が接近している情報を得たら、床下浸水対策をしっかり行うようにしましょう。

注意点②
床上浸水には補償条件がある

床上浸水は、基本的に火災保険の水災補償で保険金が支払われます。
しかし、床上浸水による損害補償に認定されるには条件があるのです。

先ほども解説しましたが、一般的に水害の補償範囲は、保険金額の30%以上の損害が発生したときか、または、床上浸水(または地盤面から45cm超)が発生した場合に限り補償されます。

このあたりの詳しい判断基準は、火災保険会社によって異なるので必ず加入している火災保険会社に連絡して確認をするようにしましょう。

また、これから加入する人も、水災補償の範囲をしっかりと聞いておくことが大切です。

住んでいる地域の水害リスクを必ず確認する

火災保険に加入する前に、あなたが住んでいる地域がどの程度、水害によるリスクがあるか調べるようにしてください。

調べ方は簡単です。

国土交通省が運営する「国土交通省ハザードマップポータルサイト」で浸水想定区域が簡単に調べることができます。

調べることができる災害リスクは、「洪水」「土砂災害」「津波」の3種類です。
そのほかにも、各市区町村が作成したハザードマップの案内先も掲載しているので、双方あわせて確認するようにしましょう。

少しでも、洪水による水害リスクが高いようであれば、水災補償を付けた方が安心です。
とくに、一戸建て住宅やマンションの1階に住んでいる人は、床上浸水に備える必要性が高いといえます。

火災保険の水災補償の範囲は商品によって異なる

火災保険の水災補償は、各保険会社ごとにオリジナルの補償を設けているところが多くなっています。

そのため、水災の補償範囲や損害保険金の支払い方法も、きちんと確認する必要があります。
たとえば、損害保険金も実際の損害費用を支払う商品もあれば、一定の保険金のみ支払う商品があるのです。

もちろん、水災補償を付帯したときの火災保険料も各保険会社ごとに違ってきます。

このあたりは、複数社の火災保険商品と見積書を比較することで、各社の違いを簡単に把握することが可能です。

多方面からリスクを考えて、火災保険の補償範囲を決めておかないと、いざというときに役に立たないことになってしまいます。
ですから一度、火災保険の補償範囲と適用条件などを見直しておくといいでしょう。

まとめ

床下浸水に対しては火災保険の補償対象外となる可能性が高いです。

しかし床上浸水であれば火災保険の補償範囲となるので、保険金を受け取ることができます。

火災保険会社によって、床上浸水の補償内容が異なるので、しっかりと複数社の火災保険を比較したうえで契約するようにしましょう。

火災保険一括見積りサイトを活用することで、補償内容や火災保険料を簡単に比較することができるのでオススメです。

無料で複数社分の火災保険の見積書をまとめて作成してもらえるので、ぜひ活用するようにしましょう。

オススメの火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件にしています。複数社分の見積書を作成するので、一番安い火災保険が見つけやすいのが強みです。

各見積もりサービスでは、保険のプロがあなた専用の見積書を作成。作成する担当者によって見積書の内容も異なるため、「住宅本舗」と「火災保険の窓口」2つのサービスから依頼すると比較の幅が広がるのオススメです。

火災保険の契約日まで時間がある人は、3つのサービスを利用してじっくり検討すると、保険料で損するリスクが軽減します。

どのサービスも強引な勧誘がなく、手続きも3〜5分程度で完了。火災保険料の比較だけしたい人も、もちろん利用可能です!

住宅本舗(イッカツ)【累計利用者50,000人突破!】

プロが作成した見積書で約20万円節約!
利用者累計50,000人突破の「住宅本舗」

「住宅本舗(イッカツ)」の火災保険一括見積もりサービスは、最大16社の火災保険から保険のプロが厳選して、あなた専用の見積書を作成。

住宅本舗は大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、見直しを検討している人に向いているサービスです。

取扱保険会社数16社:
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピード速い:

火災保険の窓口【対応スピード満足度90%以上!】

当日見積もりが可能!
契約件数25,000件の実績を持つプロ視点の提案が受けられる

火災保険の窓口では、大手火災保険会社を含めた19商品から最適な火災保険を選別して見積書を作成。
12時までの見積書依頼で当日対応が可能です。

とにかく急ぎで見積書を作成していほしい人にオススメ!

取扱保険会社数-(19商品):
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピードとても速い:

価格.com 保険【見積もり件数30万件突破!】

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応普通:
見積もりスピード速い:

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.