火災保険料いくら払ってる?一戸建てとマンションの平均金額を徹底調査

はじめて火災保険に加入する人にとって、一番気になるのが火災保険料ではないでしょうか?

「他の人が火災保険料にいくらかけているのか参考にしたい」

と思っている人もいるかもしれません。

結論から言ってしまうと、他の人の火災保険料は参考になりません。なぜなら火災保険料は以下の条件で算出されるからです。

  • 所在地
  • 建物構造
  • 補償内容 など

各火災保険会社は無料で見積もりを作成してくれるので、まずは見積書の作成依頼から始めてください。そして必ず複数社から見積書を作成してもらいましょう。

実は火災保険は同じ補償内容でも、保険会社によって保険料が異なるのです。

それでも火災保険料をいくら払うのか知りたい人もいるかと思います。

この記事では、一般的な平米数を元に試算した一戸建てとマンションの火災保険料と、できるだけ保険料を安くするための見積もり依頼方法についてお伝えします。

筆者の経験値

元保険代理店勤務の田中肇(はじめ)

一戸建てとマンションの火災保険料はいくら支払っているの?

火災保険の保険料は、購入した家の「建物」や「家財」の評価額を基準に決めることとなっています。また、建物構造や火災保険につける補償内容などによって保険料が異なってくるのです。

今回は一般的な建物構造と全ての補償内容を付けた場合のケースで試算してみました。
※2021年1月に火災保険料が上がるため、2021年1月以降の保険料で試算

一戸建ての一般的な保険料目安(年払い/月払い)

新築一戸建てで火災保険料がいくら支払うのか、下記の条件で算出しました。

建物の所在地東京都
建物の補償金額2,200万円
家財の補償金額500万円
建物の構造耐火・新築一戸建て
床面積100㎡(間取り目安:4LDK)
補償内容火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)、災・雪災、水災、盗難、水ぬれ等、破損・汚損等、事故時諸費用、特約
建築年月2021年2月
保険開始日2021年2月1日

火災保険料

257,800円(月払い換算:約2,149円) / 10年間の保険料

131,030円(月払い換算:2,184円) / 5年間の保険料

29,540円(月払い換算:2,462円) / 1年間の保険料

参照元:日新火災海上保険

大手火災保険会社のひとつである「日新火災海上保険」で火災保険料を見積もりした試算結果となります。(2021年1月現在の保険料で試算)

補償内容を限定したり、家財保険の補償金額を減らすことで、保険料を安くすることも可能です。

今回試算した保険料には、地震保険が含まれておりません。
地震が多い地域に住んでいる人は別途、地震保険の加入も検討する必要があります。

マンションの一般的な保険料目安(年払い/月払い)

次に新築マンションで火災保険料がいくら支払うのか、下記の条件で算出しました。

建物の所在地東京都
建物の補償金額1,170万円
家財の補償金額500万円
建物の構造新築一戸建てマンション
床面積90㎡(間取り目安:4LDK)
補償内容火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)、災・雪災、水災、盗難、水ぬれ等、破損・汚損等、事故時諸費用、特約
建築年月2021年2月
保険開始日2021年2月1日

火災保険料

126,920円(月払い換算:約1,058円) / 10年間の保険料

64,570円(月払い換算:1,077円) / 5年間の保険料

14,510円(月払い換算:1,210円) / 1年間の保険料

参照元:日新火災海上保険

マンションも大手火災保険会社のひとつである「日新火災海上保険」で火災保険料を見積もりした試算結果となります。

マンションの場合、購入代金に「土地代」やエントランスやエレベーターといった「共用部分」の費用も含まれるため、火災保険会社が定めた1㎡あたりの単価を床面積にかけて補償金額が決まる仕組みです。

1㎡あたりの単価は火災保険会社によって異なるため、しっかりと比較するようにしましょう。

火災保険料をいくら支払うのかは条件によって大きく差が出る

ここまで一戸建てとマンションの火災保険料を見て気がついた人もいるかと思います。
火災保険料は「建物構造」「床面積」「補償内容」など、いろいろな条件によっていくら支払うのか決まってくるのです。

そのため、1社だけで保険料を調整しても大幅に削減することができません。
複数社の見積書を用意し、比較と調整することで保険料を安くすることができるのです。

「火災保険一括見積もりサービス」を活用すれば、最短で翌日に複数社の見積書を作成してもらえます。

私が実際に上記サービスを活用して、納得できる補償内容と保険料で契約できたサービスサイトは、下記の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

>>火災保険一括見積もりサービスの一覧はこちら

火災保険料は1年・5年・10年払いで比較するといくら違うの?

火災保険では「保険期間」の設定をすることができます。

保険期間は1〜10年の間で設定することができ、長く設定することで「長期契約割引」が適用されるため、保険料が安くなるメリットがあります。

たとえば、先ほど算出した一戸建ての保険料を比較してみましょう。

保険期間1年29,540円
保険期間5年131,030円(26,206円/1年あたり)
保険期間10年257,800円(25,780円/1年あたり)

保険期間10年と1年を比較すると、年間3,760円(10年では37,600円)となり、約1年分の保険料がお得になる計算となります。

もうひとつ保険期間を長く設定するメリットがあります。
それは火災保険期間中に保険料が値上げされたとしても、契約期間中の保険料は次回の更新まで適用されないため、値上げの影響を受けないメリットもあるのです。

ここ最近では自然災害の被害が多く、2018年に平均5.5%、2019年に平均4.9%と2年連続で値上げをしています。

なるべく値上げの影響を最小限にしたい場合は、最長保険期間の10年に設定するといいでしょう。

一戸建てとマンションの地震保険料はいくら支払っているの?

火災保険の保険料と同じく、地震保険の保険料もいくら支払うのか気になるかと思います。
地震保険料は、所在地や建物構造によって決まる仕組みです。

火災保険と異なり、地震保険は国の法律に基づいて算出されるので、条件が同じであればどの火災保険会社で契約しても保険料は同じとなります。
(地震保険を契約するには、火災保険を契約した会社で手続きする必要があります)

また地震保険の補償金額は、火災保険の契約時に設定した補償金額の30〜50%の範囲でしか設定することができません。
さらに限度額も定められているので、見積もり時にしっかりと確認するようにしましょう。

※地震保険だけの加入はできませんので注意してください。

一戸建ての一般的な地震保険料目安

先ほど一戸建ての火災保険料を算出した試算をもとに、地震保険料を出してみました。
※補償金額を50%として算出

建物の所在地東京都
建物の補償金額1,100万円
家財の補償金額250万円
建物の構造耐火・新築一戸建て
床面積100㎡(間取り目安:4LDK)
建築年月2021年2月
保険開始日2021年2月1日

火災保険料

172,670円 / 5年一括払いの保険料

37,130円 / 毎年払いの保険料

参照元:日新火災海上保険

大手火災保険会社のひとつである「日新火災海上保険」で火災保険料を見積もりした試算結果となります。(2021年1月現在の保険料で試算)

マンションの一般的な地震保険料目安

先ほどマンションの火災保険料を算出した試算をもとに、地震保険料を出してみました。
※補償金額を50%として算出

建物の所在地東京都
建物の補償金額585万円
家財の補償金額250万円
建物の構造新築一戸建てマンション
床面積90㎡(間取り目安:4LDK)
建築年月2021年2月
保険開始日2021年2月1日

火災保険料

106,800円 / 5年一括払いの保険料

22,970円 / 毎年払いの保険料

参照元:日新火災海上保険

マンションも大手火災保険会社のひとつである「日新火災海上保険」で火災保険料を見積もりした試算結果となります。

火災保険の費用保険金(特約)で地震損害を補う方法もある

費用保険金は、損害保険金とは別に補償してくれる保険金となります。

費用保険金の中には、地震による損害に対して保険金が支払われる「地震火災費用保険金」があるのです。
(保険会社によって名称が異なることがあります)

火災保険単体では、地震による火災や津波などの被害に対しては対象外となります。
しかし地震保険ほどではありませんが、少しでも地震に対する損害は補償する目的で用意されているのが「地震火災費用保険金」です。

火災保険の費用保険金は、基本補償に付いていたりオプションとして追加するものもあります。
これは火災保険会社によって異なるので、しっかり確認するようにしましょう。

最適な火災保険を見つけるには見積書の比較が重要

ここまで火災保険料をいくら支払っているのか解説してきましたが、各世帯の火災保険料を調べても、証在地や構造、補償内容が同一でないためあまり参考にはなりません。

各世帯の火災保険料よりも、あなたの家の火災保険料を正しく知って比較することが大切です。
なぜなら、同じ補償内容でも火災保険会社によって保険料が異なるからです。

まずは複数の火災保険会社から同じ条件で見積書を作成してもらい、保険料や費用保険金の有無など見比べるようにしましょう。

火災保険の見積書は無料で作成してくれるので、気軽に依頼することができます。

複数社まとめて見積もり依頼をするなら「火災保険一括見積もりサービス」を利用すると便利です。

おすすめの火災保険一括見積もりサイト

私が火災保険に加入するときに利用した火災保険一括見積もりサイトは以下の3つです。

すぐに見積書が届いて電話によるサポートを希望する人

訪問または来店で対面によるサポートを希望する人

電話サポートの場合、電話による受け答えの相性も重要な要素です。

電話によるサポートを希望する場合は「火災保険の窓口」「保険スクエアbang! 火災保険」に依頼して対応がよかったところで相談するといいでしょう。

どのサービスも強引な勧誘はなく、「他の代理店で手続きを進めています」と伝えれば納得していただけました。
また、3つのサービスから見積書依頼と提案内容を聞いた上で検討したので、自分に合った火災保険を選ぶことができました。

しっかりと火災保険を選びたい人は、3つのサービスを併用するといいかもしれません。

まとめ

火災保険料は、各世帯ともに所在地や建物構造、補償内容が同一でないので、実際の火災保険料と大きな差が生じることがあります。

他の人の火災保険料がいくらなのか知るよりも、あなたの住宅が各火災保険会社によって保険料がいくら違うのか比較することが重要です。

そのため1社だけ見積もって決めてしまうことだけは、なるべく避けるようにしましょう。

見積書を作成してもらい比較しないことには、あなたに最適で適正な火災保険料を見つけることができません。

必ず複数社から見積書を作成して比較するようにしましょう。

当サイトで好評の火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、火災保険の取扱が10社以上あることを条件に厳選

1つのサービスで複数の火災保険による見積書を作成するので、補償範囲や特約、保険料など比較ができるため、あなたの条件に合った火災保険が見つけやすくなります。

各火災保険一括見積もりサービスでは、保険のプロがあなたの条件を基に見積書を作成

担当者によって見積書の提案内容が異なるため、複数の火災保険一括見積もりサービスから依頼すると、各火災保険の知見が広がるのでオススメです。

また火災保険は、住宅ローン会社や銀行で勧められたものに加入するよりも、自分で見積書を取り寄せて検討すると、補償内容や保険料の安さで後悔するリスクを大幅に軽減できます。

当サイトでオススメする火災保険一括見積もりサービスは、実際に利用した上で強引な勧誘もなく、丁寧なサポートが受けられるところだけ掲載。

見積書の作成依頼だけしたい人も、もちろん利用可能です!

住宅本舗【累計利用者65,000人突破!】

プロが作成した見積書で約20万円節約!
利用者累計65,000人突破の「住宅本舗」

「住宅本舗」の火災保険一括見積もりサービスは、最大16社(40商品)の火災保険から保険のプロが厳選して、あなた専用の見積書を作成。

住宅本舗は大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、見直しを検討している人に向いているサービスです。

取扱保険会社数16社(40商品):
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピード速い:

火災保険の窓口【対応スピード満足度90%以上!】

当日見積もりが可能!
契約件数25,000件の実績を持つプロ視点の提案が受けられる

火災保険の窓口では、大手火災保険会社を含めた19商品から最適な火災保険を選別して見積書を作成。
12時までの見積書依頼で当日対応が可能です。

とにかく急ぎで見積書を作成していほしい人にオススメ!

取扱保険会社数-(19商品):
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピードとても速い:

保険スクエアbang! 火災保険【グループ累計契約件数120万人突破】

最大26商品から比較ができる!
保険アドバイザーが無料でムダのない補償をご提案。

保険スクエアbang! 火災保険では、自分で調べてもよくわからない内容でも保険アドバイザーが丁寧に説明してくれるのが特徴。

火災保険の基礎的なことから網羅的に把握した上で、検討したい人にオススメ!

取扱保険会社数-(26商品):
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピード速い:

© 2021 火災保険ガイド