火災保険とは

火災保険とは、火災を含め自然災害などによる住まいの事故による損害を補償する保険です。

また火災保険が必要とされる理由の1つに、「失火責任法(しっかせきにんほう)」と呼ばれる日本の法律の存在があります。

簡単に説明すると、隣家の火事で貰い火による火災が発生しても、出火元に重大な過失がないかぎり、損害賠償を請求することができません。

つまり自分の資金で補修しなければならないのです。

これらのことから身を守るために存在するのが火災保険です。

新着記事

FPが厳選!火災保険の見積もり依頼で対応がよかった一括見積サイト

私は保険代理店で勤務していた経験から、火災保険に加入するときは徹底的に比較して最適な火災保険を見つけるべきだと思っていました。 なぜなら、同じ補償内容でも火災保険会社によって保険料が異なるからです。 また同じ火災保険会社でも補償内容の変更だけで保険料が大きく変動します。 以下が同じ火災保険会社で補償内容が異なる見積書です。 水災・破損を外しただけで約12万円も削減 建物と土地代で予想以上に大きな出費となってしまったため、火災保険料は必要な補償内容を付けた上で安く済ませたいと切実に思いました。 そこで「火災 ...

火災保険はいつまでに入る?加入するタイミングと手続きを解説
火災保険はいつまでに入る?加入するタイミングと手続きを解説

新築で一戸建て住宅やマンションを購入するとき、万が一に備えて検討するのが「火災保険」です。 とくに住宅ローンを組んで購入する場合、火災保険の加入が必要となります。 新築住宅を購入する人のほとんどが、火災保険の加入手続きをするのが初めてだと思います。 私もいつ検討しはじめて、加入日をいつに設定したらいいか悩むことがありました。 結論を先に言うと、加入日は家の引き渡し日に設定しましょう。 引き渡し日以降は、家の所有権があなたに移ります。そのため家に何かあった場合は、損害費用を支払う必要があるからです。 ここで ...

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準
店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

店舗を運営するにあたり、まずはじめにリスク管理が非常に重要になります。 これから初めて店舗を運営する場合や、それなりに店舗経営が軌道に乗り始めてきた際には「保険」の加入が重要となってきます。 もちろん何事も無く店舗経営していくことが出来ればそれに越したことはありません。 しかし、特定の場所に店を開いて運営をしつづける場合、隣接する店舗からのもらい火や窃盗や放火などをはじめとして、様々なリスクが発生することが考えられます。 このようなリスクは店舗経営が中長期的になればなるほど無視できない存在になっていきます ...

© 2022 火災保険ガイド